FC2ブログ

由良海上釣り堀

皆さんいつもご閲覧ありがとうございます。
今回は釣りです。
毎年恒例になってきている和歌山県の由良海上釣り堀へ行ってきました。



雲一つない快晴の日の出です。気持ち良いですね。
で時間が来たのでさっそく竿を出します。
前回はエビで良く当たったので今回もエビから、、、当たりがありません!ならばと裏技の付け方、当方アジアアロワナを飼っているので、なかなか餌を食わない魚に対する工夫は万全でして、ここではいつもこのやり方なら時間帯関係なく釣れます!!、、、当たりがなぁ~い(ノД`)ばっ、バカな!!グググッと焦りが込み上げてきそうになります!しかし冷静でなければ当たりに対して反応が悪くなってしまうので、無理矢理抑えながら対応を考えます。
とりあえず扇形に投げ込み当たりが無いので餌を団子にしてまた1からやり直し。
数投しましたがあたり無く、、、おかしーなーここにたまってるはずだが?!(完全に感)
もう一度、、、ゴン!!キタァ!!

続きを読む

スポンサーサイト

2014/09/27 和歌山県 由良海釣り公園内海上釣り堀


本日は和歌山県の由良にある海上釣り堀へ行ってきました。朝7時からの開始ですが1時間早く到着。手続きをすませて生簀へ直行し仕掛けなどを作りながら同じ生簀へ入るお客さんを待ちます。

道具はすべて貸し出ししており、餌もその場で購入できます。私は冷凍のエビと生ミック(団子)を購入しました。
同じ生簀に入るお客さんが早く全員そろえば少し位なら早く開始させてくれますが、来なければ7時まで始めさせてもらえませんのでみなさんぎりぎりに来るのはさけましょう。
さて天候は快晴で海も静かです。先ずはミックを2つ練り、針につけて投入。

少し待つとウキが一気に持っていかれ、ガツンとしゃくり一発!しっかりかかりました!!あきらかに真鯛のあたりとはちがいます!!突っ込むは走るはで、ようやく見えてきた姿は60㎝位のハマチです、なんとかいなしタモ入れ成功。気持ちの良いスタートが切れました。そのあと続けざまに真鯛を2匹追加。餌をエビにチェンジしさらに数匹追加しアタリが少し遠のきましたので、鯵を使い呑ませ釣りにチェンジ。気長に待つことにします、、、っとまたまたウキが一気に沈みます!!ガツンと合わせ糸がキュン!!と鳴きます!!フックアップ!!桁違いの強烈な引きです。いなしいなし寄せてきて見えたその姿に心臓は爆発しそうです!80㎝は軽く。あろうかというブリがあばれくるってます!!何とかあたまを水面に引っ張り上げ一呼吸させるも又力を振り絞って水中へ突っ込んでいきます。レンタルした竿の限界を感じつつも戦いは続き、、バチン!!と軽くなりました。。。切られてしまったのです、、、仕掛けをよく見るとおもりのサルカンが折れてしまっています、、、これでは、、、その後続けるもアタリがないので再び鯛狙いに。数枚追加し再びブリ狙いに変え乗せるもまた切られガックリ、、、真鯛を数枚追加し12時半頃納竿。

悔しい思いもしながら真鯛の方はなかなかの釣果でした。
同じ生簀には私を含め6名入ったのですがみなさんなかなかの苦戦を強いられたようでシマアジ1に真鯛4が次に良い釣果でした。
当たりはずれもあり、所詮釣り堀、、と思う方もいるかもしれませんが真鯛にシマアジにブリにとなかなか引きも強く食べておいしい魚が手軽に釣れる海上釣り堀、一度ためしてみてはどうですか?もし坊主でも真鯛を2匹お土産にもってかえれるようです。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

アオリイカとサヨリ 2014/9/20~21

本日は京都府の伊根へアオリイカ釣りに行ってまいりました。天候は快晴
昼間は焼けるほど暑く夜はしっかりと防寒しないといけないほどの寒さです。
最初のポイントに17:00頃到着。ここは例年この時期、胴長500mlのペットボトルサイズ、クワカブ的に言うと1100ccサイズが10杯以上釣れるお気に入りポイントです。
釣り人が数人いる中いよいよ釣り開始、、、餌木はヤマシタの3号ピンクの虹テープ。フルキャストでボトム中心に派手目のアクションで誘っていきます。しかし久々の釣りということもあり集中できません、空の星の多さに気を取られる時間の方が多いほどです。一投ごとに五歩ずつくらい移動しながら探っていきますが、、、進むにつれ人もいなくなり墨跡もなくなりました。一時間ほど粘りましたがアタリもないまま場所移動。正直墨跡の数も釣り人も例年より格段に少なく思います。
伊根港内へ一気に移動。ここもやはり釣り人はまばら、どう考えても少なすぎます。しかしここはどんなときにも確実に釣れるポイントがあり、今まで10数年多い時には毎週通って一度も外したことのないポイントがあります。
餌木はヤマシタ2号ピンク虹テープ。波はベタなぎ、、、釣り開始!ボトムを外さないように丁寧に、聞き引きをはさみながら丁寧に丁寧に探ります。
三十分ほどが過ぎましたかねー?!グウゥっと重くなる!!長年ルアーフィッシングをやっている人にしかわからない”物”とは違う生命感を感じる根がかりのような重み!!コンマ数秒ともいえない一瞬判断?体の反応?で合わせでがっちりフックアップ!!イカ独特の小気味よいひきを堪能しながらランディング。胴長手のひら、クワカブ的に言うと800cc菌糸ビンサイズを一杯ようやくゲット。

その後続かず3:00頃同行者も疲れたようなのでバーベキューをして納竿、とにかく寒いです。
一応その先のポイントも見には行きましたが、釣り人はほとんどいなく竿を出すこともなくおやすみなさぁ~いzzz
翌朝6:00前に目が覚めたのですがどうも気が乗らず、宮津まで一気に戻り釣具屋で店長さんと少しお話、、、先週まではバンバン上がっていたらしいのですが人が多いせいか今週からぱったり、、、らしいです。
マアァ夜の酒の肴でも釣って帰るか、とサビキ釣りを始めましたが周りの人も含めアジは釣れずサヨリの群れが回ってきました。あわてて用意!!まるで水族館のイワシ水槽を見ているかのごとく湧いてきます!!そこから昼頃までサヨリフィーバーを堪能しまだまだ湧いてくるサヨリを眺めつつ納竿。

サヨリは開いて頭と内臓を取り、きれいにあらって小麦粉をまぶし塩を軽くしてジャっと揚げるだけ。ポン酢でも塩でそのままでも骨ごと簡単においしくいただけます。ビールに最高であっさりとしていてとてもおいしいです。
イカの方はもちろんお刺身!ゲソはサヨリと一緒に揚げてしまいます。
海の幸に感謝感謝。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

MASIA

Author:MASIA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR